施設のご利用について

養護老人ホーム

サービス内容

原則として65歳以上の方で、環境上及び経済的理由により在宅での生活が困難な方が入所し、生活する施設です。

利用について

お申込みにつきましては、各市町村の担当窓口へ直接お問合わせ下さい。

費用について

利用者本人の年間収入等により、各市町村から一部負担金が決定されます。介護保険の利用対象となった場合は、介護保険利用者負担金の負担があります。

なお、利用者御本人がご家族の扶養となっている方については、別途負担金がかかる場合がありますので、各市町村へ直接お問合わせ下さい。

特別養護老人ホーム

サービス内容

おおむね65歳以上で、常に介護を必要とする方が入所して生活する施設です。

基本的に介護認定で要介護1~5に認定された方がご利用いただけます。

利用について

各施設、又は居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)へ直接お問合わせ下さい。

費用について

介護保険利用者負担金、居住費、及び食費等の負担があります。

なお、介護保険以外の利用料は施設ごとに違いますので詳しくは各施設へ直接お問合わせ下さい。

また、所得に応じて、介護保険利用者負担金、居住費及び食費等の負担が軽減されます。

軽減には、手続きが必要となりますので、お住まいの市町村にお問い合わせ下さい。

軽費老人ホーム

軽費老人ホーム A型

サービス内容

60歳以上(ご夫婦で入居する場合はどちらかが60歳以上)で、家庭環境・住宅事情の理由により、在宅での生活が困難な方や、身寄りのないお年寄りが低額な料金で入所し生活する施設です。

利用について

各施設へ直接お問合わせ下さい。

費用について

生活費用とサービスの提供に要する費用の負担があります。

生活費用は、地域別に定められています。

サービスの提供に要する費用は、利用者の年間収入等によって決定されますので、詳しくは各施設に直接お問合せ下さい。

軽費老人ホーム B型

サービス内容

60歳以上(ご夫婦で入居する場合はどちらかが60歳以上)で、家庭環境、住宅事情等の理由により居宅において生活することが困難であり、利用者が自炊できる程度の健康状態の方が入所し生活する施設です。原則として、利用者の食事は自炊になります。

利用について

各施設へ直接お問い合わせ下さい。

費用について

サービスの提供に要する費用と居住に要する費用の負担があります。

生活費用は、自炊のため実費負担となります。

ケアハウス

サービス内容

60歳以上(ご夫婦で入居する場合は、どちらかが60歳以上)で身体機能の低下があったり(自炊ができない程度)、高齢のため独立して生活するのに不安がある方が入所し生活する施設です。自宅で生活するのと同じように、必要な場合には、ホームヘルパーやデイサービスなどの在宅福祉サービスも利用できます。

利用について

各施設へ直接お問合わせ下さい。

費用について

生活費用、サービスの提供に要する費用及び、居住に要する費用の負担があります。

生活費は、地域別に定められています。サービスの提供に要する費用は利用者の年間収入等によって決定されます。

居住に要する費用は15,000円以内ですが施設ごとに違いますので、詳しくは各施設へ直接お問合せ下さい。

デイサービスセンター

サービス内容

高齢者が通所により、生活指導、健康チェック、機能訓練、入浴及び食事やレクリエーション、送迎等の日帰りサービスを受けることができる施設です。

基本的に介護保険の介護認定で要支援1~要介護度5までの認定を受けた方がご利用いただけます。

利用について

要介護度1~5の方は、各施設へ又は居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)へ、要支援1~2の方は、市町村にある地域包括支援センターへ直接お問合わせ下さい。

費用について

介護保険利用者負担金及び食費等の負担があります。

食費等については、施設ごとに違いますので、直接お問合せ下さい。

ページの先頭に戻る